2007年07月11日

リヴァースキス

リヴァースキス
リヴァースキス
posted with amazlet on 07.07.11
佐野 しなの
メディアワークス (2007/06)
売り上げランキング: 10365


ラノベ感想『リヴァースキス』
電撃文庫で発売されています。

男の子が女の子になっちゃってその時男の子は・・・・みたいなお話。
普通にさわやか・・・??なか感じに読めました。
個人的には結構好きでした。

男の子が女の子になっちゃうなんてお話はそこそこききますが、
何故か女の子になっちゃったはずの男の子の方も存在しているという摩訶不思議。

そんな二人が織り成す物語。

よーは二人がキスすりゃ万事OKなわけですが、そこはほら
中身は男と男なわけで無理なんですよw
だけど一方は相手の中身が男だろうと見た目が可愛いからOK
なんて言っちゃうようなナイスガイなわけです。
ぶっ飛んでますね(笑)
さらには女の子になっちゃった方の親友の男も
そんなこといいだすから世も末だと思ったり(笑)。

そんな普通な物語でした。

最後の終わり方は個人的には普通って感じ。
ノーマルエンドみたいな。
あそこはやっぱり綺麗にキスして昇天してくれて欲しいと
思いました、僕は。


そんなリヴァースキスの評価は
★★★★★☆

この方新人さんだと思いますが、次回作はどんなお話かいてくれるんでしょうか。
楽しみです。
posted by 創始 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。